海が好き!奄美で快適な宿泊なら、あやまるビレッジ

☎0997-63-8160
お問合せ時間 10:00~18:00

海遊び好きが始めた「奄美リゾート型ゲストハウス」宿泊施設。マリンスポーツ、観光など奄美を満喫するレジャーの宿は「あやまるビレッジ」。

あやまるビレッジとは

奄美大島屈指の観光スポット、風光明媚なロケーションから奄美十景に数えられる「あやまる岬観光公園」。

わたしたち「あやまるビレッジ」は、あやまる岬の入り口にあります。

奄美リゾート型ゲストハウス あやまるビレッジ

あやまるビレッジのオーナーは、奄美大島の生まれ育ちで幼い頃から大の海遊び好き。とにかく海ならなんでも好き!

そんなオーナーがマリンスポーツやダイビングはじめ、海を愛する人たちが、奄美大島の海を楽しめる宿泊サービスを提供したいと、3年かけてオープンしたのが「あやまるビレッジ」。

旅館、民宿、ユースホステルや民泊、ゲストハウス、ドミトリ、安宿、コテージ、貸別荘にリゾートホテル。わたしたち「あやまるビレッジ」では、さまざまな宿泊スタイルを検討してきました。

お一人でも、お友達やご家族でも気軽に宿泊していただけて、満足していただける宿。

リーズナブルな上に、雰囲気が良くて、奄美大島が楽しくなる。

そんな夢が実現できる宿として、たどり着いたのが「奄美リゾート型ゲストハウス あやまるビレッジ」です。

ゆったりとくつろげるリゾートホテルのロビーのような談話スペース

一般的なゲストハウスは、低料金で宿泊でき、宿泊される方々が交流を広げやすい点(スタッフやオーナーが交流しようとしてくれて、そこから人のつながりが生まれやすい)がメリットなものの、複数人が1つの部屋で寝泊まりするドミトリ形式や簡易な設備等がほとんどのため、はじめて利用する方はとまどうものです。

あやまるビレッジでは民泊・ユースホステル・ゲストハウス並みの低料金ながら、奄美大島ならではの南国リゾート気分を満喫できるよう、リゾートホテルのたたずまいを残しながら、ドミトリー形式での宿泊にも、ご家族での滞在、プライバシーを守れるダブルルーム、ツインルーム、トリプルルームを完備しています。

オーナーのこだわりで、宿泊されるみなさんが気軽に交流できるよう、ゆったりとくつろげる談話スペース(ロビー。大画面テレビ、キッチンあり)を設けています。

談話スペースで会話に花を咲かせて

談話スペースを見通せるキッチンで、宿泊者と交流しながらお食事を作れるのも楽しみのひとつ。

男女別のひろびろとした共用バスルームとトイレも充実しています。

あやまるビレッジでは、1部屋に4人まで宿泊できるドミトリールームに加え、ご家族や恋人、お友達と宿泊できるツインルーム(セミダブルベッド2台)、トリプルルーム(セミダブルベッド3台)ダブルルーム(ダブルベッド1台)をご用意。

ドミトリールーム

ドミトリールームは、なんとお一人様1泊2,500円(税込)

ツインルーム

ツインルームは、1部屋1泊6500円(税込)。幼いお子様がいらっしゃるご家族なら、とてもリーズナブルに宿泊できます。

宿泊するなら、奄美リゾート型ゲストハウス「あやまるビレッジ」

あやまるビレッジでは食事は出ません。共有キッチンをご利用ください。

ダブルルーム、ツインルームにはテレビ設置。ドミトリルームはテレビはありませんので談話スペースのテレビをご覧ください。

WI-FI(ワイファイ)設備完備。ネット使い放題です。

バス・トイレは共有です。コインランドリはありません。

施設内は空調(エアコン)が整備されています。

施設内禁煙です。喫煙は施設外の喫煙スペースをご利用ください。

宿泊予約はコチラから »





あやまるビレッジ 支配人 池山正穂

支配人・池山正穂と地元で有名な「あやまるがえる」(あやまる岬入口)。

池山正穂は海外生活(メキシコで約10年)が長く英語やスペイン語で日常会話ができます。あやまるビレッジスタッフにはスペイン人も。英語圏・スペイン語圏の方が奄美大島で滞在するなら、あやまるビレッジをオススメします。

番外編1:あやまる岬

奄美の景勝地として古くから島民の憩いの場。かつては結婚式場もあるほどの素晴らしいロケーション。

現在は観光公園として整備されており、老若男女問わず、連日多くの人が訪れる。東の水平線に喜界島、北はトンパラ岩を望み、公園内にはちびっ子に人気のサイクル列車はじめ、海水プール、展望所、グランドゴルフ場、遊具も豊富。

毎年夏には人気の「あやまる祭り」が開催(会場:宇宿漁港)され、多くの人でにぎわう。岬のまわりはリーフになったサンゴ礁の海、公園のまわりにはソテツの群生と亜熱帯の風情を満喫できる。(通年営業・ただし遊泳は7月20日から8月31日まで)

番外編2:あやまる岬の由来

奄美の乙女たちは正月になると赤・青・黄の色とりどりの糸で刺繍したきれいな手鞠(てまり)で手鞠歌を唄いながら鞠つき(まりつき)をします。

あやまる岬一帯のなだらかな地形が「アヤ(蝶)の文様のように織られた手鞠」に似ていることから、いつの頃からか「アヤマル」と呼ばれるようになり、地名になったと伝えられています。

奄美大島で評判のサービス

奄美大島で評判のサービスをご紹介します。

  • あまなび

    奄美大島のマリンスポーツはお任せ下さい!
    マリンスポーツは水上バイクはじめ
    レジャー用具多数取り揃えております。

    海・森・文化・祭りを体感し学びながら遊ぶ
    楽しいことをメッチャ遊べるのが「あまなび」
    そんな体験プランをたくさんご用意してます。

    黒ウサギを見にナイトツアーや大自然を堪能する金作原、無人島でのバーベキューを楽しむなら「あまなび」で決まりっ!

  • サイゴーレンタカー

    格安。綺麗。良心的。島育ちのスタッフが親切と評判の「サイゴーレンタカー」

ページのトップへ戻る